本ページはプロモーションが含まれています

project333(プロジェクト333)とは?少ない服でオシャレするミニマリストコーデ

project333(プロジェクト333)の意味

project333(プロジェクト スリーサーティスリー)は、3ヶ月間33のアイテムのみを身につけるチャレンジです。
2010年にアメリカのミニマリスト、コートニー・カーブァーさんが始めたものです。

洋服を減らしたい人に最適で、海外のミニマリストやフッショニスタに広まりました。
別名Capsule Wardrobe(カプセル・ワードローブ)とも言います。

project333(プロジェクト333)基本ルール

project333 カプセルワードローブ
少ない洋服でおしゃれにスッキリ暮らす

期間

ワンクールは3ヶ月。(101日~1231日までみたいな感じです)

ルール

洋服、アクセサリー、靴、バッグなど33点のみで3か月着回しする。
ただし、ブラックフォーマル一式、スーツ、旅行グッズ、スポーツウエア、インナー類、部屋着、スキンジュエリーは含まない。

開始までに自分で33点選んで、残りの服などはすべて別の場所などにしまいます。
(もちろん捨てなくてOKですが、毎シーズン出番のない服は、自然に捨てたくなります)

[quads id=1]

私がproject333(プロジェクト333)を始めたきっかけ

私はもともとはモノが多くて捨てられないタイプでしたが、2014年にこんまりさんの「ときめく片付け」にハマりました。

モノが少ないと「自分」と「空間」と「残ったモノ」が生き生きする感覚が新鮮で、それ以降何度か大掛かりな片付けを経て、気づけば「ミニマリストだね」と人に言われるほどモノは減っていました。

ファッションも昔から大好きで、たーーーーーーーーくさん洋服を持っていました。
憧れてときめいては買い、着こなせない失敗もたくさん
片付けをする中で心は痛むけど手放していきました。

すると予想を反して、洋服が減るたびに「よく似合うね」とか「おしゃれだね」と周りに褒めてもらえることが増えました。
すごく嬉しくて、より厳選するようになりました。
そして「project333」を知って初めてみたのが2017年でした。

project333を始めて変わったこと

自分に「似合う服」を選ぶようになる

「流行ってるから」や「お得だから(安いから)」ではなく、「私に似合うから」という理由で服を買うようになります。

理由は、似合う服しか着回すのは難しいからです。

逆に、「似合う服」を選ぶ目が磨かれると、毎日のコーデがすっごくラクになります!

服の消耗が早まるので、シーズンごとに新しい服を買える

すごく単純な理由で、少ないと着る回数も増えます。

流行りのうちに着倒してシーズン終わりに手放すサイクルだと、シーズンごとに流行りを買うことができるので「オシャレな人」になれます。

[quads id=2]

kiki’s project333 毎日コーデ

2019.10~12月

全33アイテムはこちら

コーディネートブログはこちら

2020.1~3月

全33アイテムはこちら

コーディネートブログはこちら

持ち物

【靴】30代オシャレ好き女性ミニマリストの持ち物の数♡全9足全て公開

【バッグ】30代オシャレ好き女性ミニマリストの持ち物の数♡全10個全て公開

30代女性ミニマリストの財布の中身♡ミニ財布ブランド・楽天ペイ・クレジットカード・持ち物など

SNS

インスタグラムはこちら