• HOME
  • project333(プロジェクト333)とは?少ない服でオシャレするミニマリストコーデ

project333(プロジェクト333)とは?少ない服でオシャレするミニマリストコーデ

project333 カプセルクローゼット

project333(プロジェクト333)の意味

project333(プロジェクト スリーサーティスリー)は、3ヶ月間33のアイテムのみを身につけるチャレンジです。
2010年にアメリカのミニマリスト、コートニー・カーブァーさんが始めたものです。

洋服を減らしたい人に最適で、海外のミニマリストやフッショニスタに広まりました。
別名Capsule Wardrobe(カプセル・ワードローブ)とも言います。

project333(プロジェクト333)基本ルール

◆期間
ワンクールは3ヶ月。(101日~1231日までみたいな感じです)

◆内容
洋服、アクセサリー、靴、バッグなど33点のみで3か月着回しする。
ただし、ブラックフォーマル一式、スーツ、旅行グッズ、スポーツウエア、インナー類、部屋着、スキンジュエリーは含まない。

開始までに自分で33点選んで、残りの服などはすべて別の場所などにしまいます。
(もちろん捨てなくてOKですが、毎シーズン出番のない服は、自然に捨てたくなります)

project333 カプセルワードローブ

少ない洋服でおしゃれにスッキリ暮らす

私がproject333(プロジェクト333)を始めたきっかけ

私はもともとはモノが多くて捨てられないタイプでしたが、2014年にこんまりさんの「ときめく片付け」にハマりました。

モノが少ないと「自分」と「空間」と「残ったモノ」が生き生きする感覚が新鮮で、それ以降何度か大掛かりな片付けを経て、気づけば「ミニマリストだね」と人に言われるほどモノは減っていました。

ファッションも昔から大好きで、たーーーーーーーーくさん洋服を持っていました。
憧れてときめいては買い、着こなせない失敗もたくさん
片付けをする中で心は痛むけど手放していきました。

すると予想を反して、洋服が減るたびに「よく似合うね」とか「おしゃれだね」と周りに褒めてもらえることが増えました。
すごく嬉しくて、より厳選するようになりました。
そして「project333」を知って初めてみたのが2017年でした。

洋服を厳選するとオシャレになる理由

今の自分が似合う服を選ぶから
「私は絶対にコレ!」というスタイルが決まっていない限り、体系も髪型も流行りも日々変わっていきます。
買った時に似合った服が今も似合うとは限りません。

厳選すると消耗も早まるので、シーズンごとに流行りを買える
すごく単純な理由で、少ないと着る回数も増えます。
そのシーズンが終わる頃には結構クッタリしてるなんてことはよくあります。
流行りのうちに着倒してシーズン終わりに手放すサイクルだと、シーズンごとに流行りを買うことができるので「オシャレな人」になれます。

大好きなファッションを楽しみながら、いつかは私らしいスタイルを見つけたいなと思っています。

私が使った中ではここが、買取金額が良かったです。
KLD

カジュアル〜フォーマルの服・マフラー・くつ・バッグ・財布も買い取ってもらえました^^
リンク先ページに飛んで、下の方の「取り扱いブランド」で、買い取ってもらえるブランドをチェックできます。

project333毎日コーディネート

2019.10~12月

全33アイテムはこちら

コーディネートブログはこちら

2020.1~3月

全33アイテムはこちら

コーディネートブログはこちら

持ち物

【靴】30代オシャレ好き女性ミニマリストの持ち物の数♡全9足全て公開

【バッグ】30代オシャレ好き女性ミニマリストの持ち物の数♡全10個全て公開

30代女性ミニマリストの財布の中身♡ミニ財布ブランド・楽天ペイ・クレジットカード・持ち物など

SNS

インスタグラムはこちら