【かっこいいピンクメイク】2020年春の神崎恵さんオススメ!インスタライブまとめ(2020.3.5)

トレンド

美のカリスマ♡神崎恵さんの2020.3.5の「ピンクメイク」インスタライブをまとめました^^
敬遠しがちなピンクメイクを、大人が使えるコツ、使い方のコツ、こだわりなど、ポイントなど盛りだくさんです!
ピンクメイクを【かっこいいピンクメイク】と【甘いピンクメイク】の2パターンを紹介してくださいました。

たっぷりとこだわりを教えてくださり、長くなるので今回は【かっこいいピンクメイク】×2パターンをまとめています。
かっこいいピンクのが甘いピンクより難易度低めだそうです!
ぜひ、春のメイクの参考にしてみてください^^

お肌ツヤツヤすぎて、俄然やる気になりますよ!w

神崎恵さんの愛用品・コスメ・インスタライブなどまとめページはこちら>>

神崎恵さんオススメ:2020年春っぽいピンクメイク

「ピンクは似合わない」「黄味肌だから似合わない」「年だから似合わない」と
ピンクを敬遠する人が多いけど、ピンクってやっぱり可愛い♡
ときめく色はあきらめずにつけたくないですか?

神崎さんのこの問いに、(まさに黄味肌の)私はブンブンと頷きたくなりました。

2020年春のピンクメイク

2020年春のピンクは
可愛いピンク
かっこいいピンク
など「ピンク=甘い」だけではなく、使い方によってはいろんな使い方ができるピンクが多いそうです^^


ブラウンを混ぜたり、写真のようなディープなピンクも今っぽいオシャレ顔になれる^^!

2020年春にピンクメイクにチャレンジするコツ

「ピンク=王道の甘〜いピンク」だけではなくて、アイシャドウ〜リップまで全部ピンクで揃える必要はない。
もちろんピンクのワントーンでもいいけれど、今年の春でいうとブラウンを混ぜたようなピンクや、パープルがかったピンクなど「変化球のピンク」が今年っぽくてオシャレ顔になれるからオススメ^^
ピンクニュアンスもOK!

↑ 大人になるほど、上の写真のような甘〜いピンクは確かにそのままでは似合いにくくなる。
でも、小技を加えるとものすごく似合うようになったりするから工夫次第で全然使える!!

ネガティブなポイントを見つけてピンクメイクを諦めるのではなく、
「どうやってつけていこうかな?」とポジティブに工夫して似合わせられればいい^^
ときめいた色をつけるのは楽しいことなので、楽しんでつけてもらえたらいいな♡とのことです♡♡♡

まずは、工夫いらずで簡単に使えるピンクメイクから行ってみましょう^^!!

(ここまでのyoutube参照:【春のピンクメイク】神崎恵さんインスタライブ♡2020.3.5前編 10:20頃〜)

神崎さんのピンクメイク【難易度低】:かっこいいピンク①

大人でもテクニックいらずでただつけるだけで似合いやすい、濃いディープなピンクメイク。

まず、ベースと眉毛を仕上げる。

濃いピンクリップ

↑(使用カラーにリンク貼っています)
【神崎さんコメント】
濃いリップを塗るときは、ベースメイクを仕上げたらバランスが取りやすいように先にリップを塗っちゃう^^
塗ったら指で慣らす。濃すぎたらさらに指で慣らして調整する。(写真中)

こんな濃いピンクのリップだけでピンクメイク完成(写真右)にしてもいいし、もう少しピンクを使いたければ次のピンクアイシャドウへ。

ピンクアイシャドウ

↑(使用カラーにリンク貼っています)
【神崎さんコメント】
ピンクニュアンスの可憐なんだけど、ちょっと辛さも入ったいい色合いのアイシャドウパレット♡
スリーのアイシャドウは毎回透明感がすごくキレイ♡
4色パレットは別に全色使わなくてもいい。
今回は上のピンク2色を使う。

↑ 最初に、左上のピンクを指で塗る(写真中)とニュアンスピンクの目元(写真右)になる。

↑ 右上のピンクを二重幅に重ねる(写真中)となんとなくピンクとブラウンを混ぜたような大人っぽい目元(写真右の向かって右目)になる。
(写真右の向かって左目はアイシャドウの左上だけを塗った状態なので、左右の目で比較できます^^)


伏せ目にした時に、ちょっと大人っぽい色っぽい目元完成♡
ハッピーすぎるピンクではなく、ちょっとピリッと辛さを混ぜたハンサムなピンク^^

濃いピンクのリップの時は、アイシャドウはこれくらい薄くてOK
照明の暗いお店に行くときなどはここにアイラインを足してもいいけど、これくらいリップが濃くてディープなカラーの時は目元は薄いくらい抜けがあってもいい^^♡

その他

濃いリップの時はチークしなくてもOK。
お好みでマスカラはしてもいい(この日神崎さんはすでにマスカラをつけているとのことです)

↑ リップの色がかっこいい感じなので、ヘアスタイルもちょっとかきあげたり(写真)崩したりかっこよさげにしてもOK。

(このメイクのyoutube参照:【春のピンクメイク】神崎恵さんインスタライブ♡2020.3.5前編 13:30頃〜)

神崎恵さんのピンクメイク【難易度低】:かっこいいピンク②

上記の「かっこいいピンクメイク①」で使ったスリーのアイシャドウパレットを使って、チークも使うかっこいいピンクメイクも紹介してくれました。

ピンクアイシャドウ

↑【神崎さんコメント】
上記のメイクと同じスリーのアイシャドウパレット。
塗り方も同じ。

ピンクチーク

↑【神崎さんコメント】
ブラシにチークを取ってから、手の甲かティッシュで一度オフしてからつける。
(いきなり顔につけるのは、どれだけ高価なチークでもボテッとついちゃうから、一度オフするのは必須)

つけすぎちゃったときは、指でトントントンと境目をぼかす(写真左)。
キレイなチークは、チークと肌の境目のグラデーションがキレイで徐々に徐々に薄くなっていくのがキレイ。
血色が上気したような可愛いチークになる(写真右)♡

ちょっとおまけ。

チークブラシがすごく可愛くて調べてみましたが、売り切れてました…
tarte(タルト)というブランドの、「フラミンゴ ブラシセット」っていう商品みたいです^^

リップ

 

使用色です。神崎さんが持ってるのは限定パッケージで売り切れていたので、リンクは通常のパッケージです。
↑【神崎さんコメント】
目元とチークがピンク。
ここに大人っぽい、クールな色のリップを合わせる。
オレンジとブラウンとピンクを混ぜたような色のランコムのリップ♡

チークも入れてるけど、かっこいいピンクメイク①とは違う大人っぽい顔になる。

その他

ヘアスタイルで雰囲気もだいぶ変えられる。
下ろしてもいいし、なでつけてもいいし、タイトに結んでもいい。
おでこを見せると知的な感じになる。

(このメイクのyoutube参照:【春のピンクメイク】神崎恵さんインスタライブ♡2020.3.5前編 25:00頃〜)

神崎恵さんのピンクメイク【難易度低】:かっこいいピンクQ&A

Q:一重、奥二重の人はどうしたらいい?

一重さん奥二重さん二重さんみんな同じようにピンクメイクできる。塗る幅を工夫すればいいだけ^^
ときめく色を見つけたときはネガティブにとらえず、まずはお肌につけてみてからどうしたらもっと似合うかを考えればいい^^

Q:メイクの引き算って?

メイクの引き算ってはじめはちょっと怖い。
たっぷりマスカラを辞めてみたり、アイラインを引かなかったり、ビューラーを辞めてみたり、いつもの顔をちょっと辞めてみる。
それだけで新しい自分や新しい顔に本当に出会える!
はじめは騙されたと思って試してみて欲しい^^

紹介アイテムとyoutubeリンク

紹介アイテムのインスタ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Megumi Kanzaki(@megumi_kanzaki)がシェアした投稿

youtubeリンク

1時間半ほどのインスタライブだったので、動画が前後編に分かれていました。
(このブログでご紹介した「かっこいいピンクメイク」は前編でした!)
youtubeリンクがあったので貼っておきます^^
【春のピンクメイク】神崎恵さんインスタライブ♡2020.3.5前編
【春のピンクメイク】神崎恵さんインスタライブ♡2020.3.5後編

神崎恵さんのピンクメイク【難易度低】かっこいいピンク:まとめ

一見ドキドキするような濃い色のピンクリップやかっこいいピンクメイクこそ、
工夫しなくてもただつけるだけでハマりやすくて簡単!

顔に透明感が出たり、映えやすかったり、顔がはっきりする。
難しいと思う濃い色こそ、堂々とつけると正解になりやすくて、旬の顔や時に個性にもなる。

それでももしつけてる自分に自信がないときは、3日間くらい家で一人でつけみるといいそうです。
自分の目で自分に見慣れるって効果があるからやってみて!とおっしゃっていました^^

神崎さんの教えてくれる言葉って書いてある商品説明とかではなく「全部ご自身で経験してきたんだろうな」って思えてアドバイスが本当に的確だなって私は思いました^^

今回のピンクメイクで知ったのですが、神崎さんも黄味肌でくすみやすく、長い子育て生活で日焼けもしシミもあるそうです。
それでも色々トライしてピンクメイクを似合わせてきたそうです。
これってすごく心強い!
この春はピンクコスメ初挑戦してみようかな♡

他にもたくさんブログを書いています^^
神崎恵さんの愛用品・コスメ・インスタライブなどまとめページはこちら>>

↑神崎さんが新刊でもピンクメイクを紹介しているそうです^^

最後までご覧くださり、ありがとうございました^^

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA